横浜 税理士 の探し方! 初心者編

横浜 税理士 の探し方! 初心者編
横浜 税理士 の探し方 コンテンツ
はじめに
横浜で税理士を探す方へ

基礎編
税理士が必要なタイミングとは?
税理士は何をしてくれるのか
税理士の探し方
税理士報酬額の相場とは
無料相談のメリットとデメリット
自分に合った税理士とは(コラム)
口コミ・評判サイトの活用
税理士の知識を習得してしまう

用語集
税理士
税理士事務所
無料相談とは
節税とは何か
納税猶予とは
相続税(二次相続)
無申告
滞納(滞納 法人税)
決算
税理士会とは

相互リンクページ

地域マップ

納税猶予とは


事業の廃止等による納税猶予とは
納税猶予には、大きく分けて三種類あります。
災害の場合の納税猶予、通常の場合の納税猶予、課税遅延の場合の納税の猶予です。
通常の場合のうち会社経営にたずさわる事業者にとっていちばん重要なのが、事業の廃止等による納税猶予の場合です。これは、納税者が事業を廃止・休止したこと、その事業について著しい損失を受けたことなどの事実と、それに類する事実にたいする納税猶予の場合をさします。
例をあげると、売掛金の回収が著しく悪化した場合や事業の一部を廃止した場合や損失が過去一年の利益額の3分の1以上の額に達した場合などになっています。この納税猶予の期間は最も長くて2年までです。ただし、申請には税務署長等の承認を必要とします。
納税が猶予された場合は、猶予事由や納税者の資金力等に応じて、猶予期間仲の延滞税の一部または全部が免除されます。

農地等の相続税の納税猶予とは
相続や贈与によって農地を取得した場合、税制上の特例措置により、一定の条件のもとに農地に関係する相続税や贈与税のうち、農業投資価格を課税価格とみなして計算した税額を超える部分について納税が猶予されることがあります。
これを納税猶予といって、農業に従事していた被相続人から相続などで農地等を取得した相続人の農業経営が困難にならないようにとの配慮により、農業後継者を確保してゆくねらいがあります。
その後、農業相続人が死亡した場合や申告期限後20年間農業を継続した場合などは納税が免除されます。ただし、三大都市圏の特定市の市街地区域内の農地は、生産緑地の指定を受けた農地以外は、納税猶予の対象になりません。



納税猶予


Copy rights (c) 2009 横浜税理士の探し方 All rights reserved.
結露対策 窓 窓 断熱 エコガラス 新築住宅 節電 省エネ リフォーム 窓 窓ガラス フィルム 窓ガラス断熱シート 効果 窓ガラス 結露防止 窓 シート フィルム ガラス