横浜 税理士 の探し方! 初心者編

横浜 税理士 の探し方! 初心者編
横浜 税理士 の探し方 コンテンツ
はじめに
横浜で税理士を探す方へ

基礎編
税理士が必要なタイミングとは?
税理士は何をしてくれるのか
税理士の探し方
税理士報酬額の相場とは
無料相談のメリットとデメリット
自分に合った税理士とは(コラム)
口コミ・評判サイトの活用
税理士の知識を習得してしまう

用語集
税理士
税理士事務所
無料相談とは
節税とは何か
納税猶予とは
相続税(二次相続)
無申告
滞納(滞納 法人税)
決算
税理士会とは

相互リンクページ

地域マップ

税理士の知識を習得してしまう


税理士になるには、国家試験である税理士試験を受験して合格する必要があります。まず、受験資格にはどんな条件があるかというと、以下のとおりです。

大学または短大を卒業した者で以下のいずれかに該当する者
・法律学または経済学を主たる履修科目とする学部(法学部、経済学部、商学部、経営学部)、学校を卒業した者
・上記以外の学部(文学部、工学部など)、学校を卒業した者で、一般教養科目等において、法律学または経済学に関する科目を1科目以上履修した者
大学3年次以上の学生で右欄のいずれかに該当する者
・法律学または経済学に関する科目を含め62単位以上を取得した者
・法律学または経済学に関する科目を含め36単位(外国語および保健体育科目を除く最低24単位の一般教養科目が必要)以上を取得した者
専修学校の専門課程(1就業年限が2年以上かつ2課程の修了に必要な総授業数が1,700時間以上に限る。)を修了した者等で、これらの専修学校等において法律または経済学に関する科目を1科目以上履修した者
司法試験第2次試験合格者
日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
社団法人全国経理学校協会主催簿記能力検定試験上級合格者
会計士補
会計士補となる資格を有する者
以下の事務または業務に3年以上従事した者
・弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務
・法人または事業を営む個人の会計に関する事務
・税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
・税務官公暑における事務またはその他の官公署における国税もしくは地方税に関する事務
国税審議会により受験資格に関して個別認定を受けた者

つぎに、試験科目ですが、会計二科目(簿記論、財務諸表論。以上必須)と税法9科目の合計11科目の中から、会計2科目、税法3科目の合計5科目に合格すればよいのです。一度合格した科目は生涯有効ですから、年々合格科目を増やしてゆき、やがて合格科目が5科目になれば、資格取得できます。

●大原簿記情報ビジネス専門学校横浜校
●資格の学校TAC(タック)横浜校(横浜の税理士専門学校)



税理士の知識を習得してしまう


Copy rights (c) 2009 横浜税理士の探し方 All rights reserved.
結露対策 窓 窓 断熱 エコガラス 新築住宅 節電 省エネ リフォーム 窓 窓ガラス フィルム 窓ガラス断熱シート 効果 窓ガラス 結露防止 窓 シート フィルム ガラス